軽貨物運送業の届出をサポートします。~行政書士・社会保険労務士が、貨物軽自動車運送を始める方の届出の代行を致します。

軽貨物運送業の届出から経営をサポート~黒ナンバー取得の手続きをお手伝いします。

貨物軽自動車運送の届出など面倒な書類作成・相談業務は、専門家にお任せください。

黒ナンバーの申請書類作成代行で経営をサポート

手軽に開業できる軽貨物運送業

 ようこそ当ホームページにいらっしゃいました。 当事務所は、島根県出雲市で営業しております。事務所では、黒ナンバーを取得して、軽貨物運送業をはじめる個人さま、法人さまの届出・申請手続きを代行いたしております。軽貨物運送業とは、正式には 貨物軽自動車運送事業といい、軽貨物・トラック・バイクなどを使用して、荷主の荷物を運送する事業です。小型の荷物を預かり、運送料を受け取り、届け先に配送する事業が、これに該当します。貨物軽自動車運送業の事業を始めるには、開業にあたり、運輸局に届出が必要となります。また、黒ナンバーを取得して、お持ちの軽自動車のナンバーを付け替えなければなりません。当事務所では、お忙しいあなたに代わって、そのような面倒な届出、手続きをはじめ、様々な経営に関するサポートを行っております。また、資金の調達から法人設立、その他の許可・更新などもあわせて、お気軽にご相談ください。

 

軽自動車を使った運送業をはじめるには、届出が必要です。

貨物軽自動車事業経営届出を陸運局に提出しなければなりません。

貨物軽自動車事業(軽貨物運送業)をはじめるには、車輌の準備も必要です。そして、重要なのは最寄の陸運局支所に貨物軽自動車事業経営届出を提出しなければなりません。これは、軽自動車(軽貨物・バイク)を使用して、運送業を営むにあたり、貨物軽自動車運送事業法および同法の施行規則の各規定を守って、関係の書類をそえて届けることを意味します。

各法律の条項・規定を遵守して、きちんと運行しなければなりません。

貨物軽自動車運送事業の届出に必要な書類。

新規届出の場合、以下の通りの書類が必要になります(法人・個人)。

  • 貨物軽自動車運送事業経営届出書
  • 宣誓書
  • 運送約款
  • 運賃料金設定届
  • 車検証(および完成検査終了証)※
  • 事業用自動車等連絡書

など(各都道府県によって若干の違いがある場合があります)。

※軽自動車が中古車等場合は、車検証、新車の場合は、完成検査修了書あるいは譲渡証明書などが必要になります。事業用自動車等連絡書に、車台番号、乗員定員、積載量などを記入、陸運局支局で確認する際に必要となります。

個人事業者の場合は、提出書類が異なる場合があります。

貨物軽自動車運送事業経営届出が受理された後、事業用自動車等連絡書が発行されます。これと必要書類をもって、黒ナンバーを取得することになります。

黒ナンバーを取得する

事業用自動車等連絡書が発行されますと、次にナンバーの変更を行わなければなりません。現在の黄色のナンバーから黒地のナンバーに変更する手続きを行わなければなりません。

黒ナンバーを取得するには、以下の書類・手続きが必要になります。

  • 自動車検査証記入申請書
  • 軽自動車税申告書
  • 旧ナンバープレート
  • 車検証・自賠責保険証書原本

自動車検査証記入申請書・軽自動車税申告書は、軽第1号様式あるいは軽第3号様式といい、窓口で購入する必要があります(1部数十円程度)。

その後、窓口で黒ナンバーを受取り、車に取り付けることになります。

内容・ご利用方法

お申し込み頂きますと、当事務所より事業内容、運賃料金など、必要な情報をヒヤリングいたします。また、設備、運行管理体制を総合的に勘案して、書類の作成をしてゆきます。

ただし、相談段階で届出が不可と考えられる場合は、お断りする可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

軽貨物運送業届出の料金内容
サービス費用の内訳 料金
新規届出書類作成代行 25,000円
変更届出書類作成代行(車両1台の場合) 10,000円
2台目以降の軽車両増車 1台につき5,000円
運賃料金届出などが特別な考慮が必要なもの 応談

※ナンバー取得については、別途費用・実費が掛かります。貨物軽自動車事業経営届出には、陸運局支局に支払う実費は掛かりません。


軽貨物運送の届出は、行政書士におまかせください。

行政書士・社会保険労務士は、権利義務、事実証明に関する書類作成の専門家です。

軽貨物運送業届出(貨物軽自動車運送業経営届)は行政書士・社会保険労務士におまかせください

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者です。その職務は、権利義務、事実証明及び契約書の作成、各種許認可手続きなどを行っています。

軽自動車運送業の届出代行は、書類作成・手続き業務のプロである、行政書士におまかせいただくと、迅速で確実なサービスを提供できます。

また、社会保険労務士は、労務管理の専門家です。労働保険関係の届出、社会保険関係の新規適用、届出業務、また給与計算などの総務関係業務を行っております。信頼できる専門家、社会保険労務士をご利用ください。

社会保険労務士とのダブルライセンスでワンストップサービス

行政書士と社会保険労務士とのダブルライセンスで軽貨物運送業などの各種届出・会計記帳、給与計算をサポートいたします

当事務所は、各種許可申請、融資申請、起業支援、電子定款作成、株式会社設立、合同会社設立、会計記帳代行、給与計算代行業務を中心業務と致しておりますが、会社設立後の許認可も同時に承っております。介護保険事業者指定申請、古物営業許可申請、酒類販売許可など申請手続きも得意としております。

また、私が行政書士とあわせて、社会保険労務士の有資格者であります。事業開始後の手続き、特に労働・雇用関係の手続き、アドバイス、社会保険の加入手続きなども得意な分野であります。ご依頼いただければ満足いただけるサポートをさせていただきます。

助成金申請・日本政策金融公庫の融資申請のお手伝いも致しております。申請時の事業計画の作成アドバイス、助成金の受給要件の診断等、行政書士業務のみならず社労士業務もあわせたワンストップサービスでご利用いただけます。お気軽にお問合せください。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

お知らせ・更新情報

ホームページのご利用について

ホームページの内容につきましては、正確な情報を掲載するよう努力いたしておりますが、法改正等で変更になった内容など必ずしも完全性・有用性を保証するものではありません。また、必ずしも融資が出来る保証はございません。あらかじめご了承ください。

法律で行政書士・社会保険労務士は守秘義務を課されています。

業務について相談頂いた秘密は必ず守ります。

申請届出、企業法務のプロ、行政書士・社会保険労務士が給与計算、会計記帳代行、会社設立などの面倒な手続きを、あなたに代わって代行します。す。会社立ち上げ時の助成金申請から、融資事業計画書、経営全般についてアドバイスを致します。お気軽にお問い合わせください。

Google Sitemaps用XML自動生成ツール